My Souls

川崎市出身。しがない地方公務員ですが多趣味の持ち主。アマチュアSaxophone奏者/第26回日本クラシック音楽コンクール全国大会出場。ほかに、ピアノ、乗馬、ロシア語、読書…最近ファゴット始めました!

バレエ音楽とフィギュアスケート⛸

先日、バレエ『白鳥の湖』を観賞してきました😊

2016年に日本で初演された、ブルネイステル版の再演🕊

f:id:mizuho0103:20180702195454j:image

第3幕の舞踏会で、各国のダンサーが踊るシーン…

実はその踊り手も悪魔の手下で、度々オディールと入替りながらジークフリート王子を困惑させる、

そんなちょっぴり変わった演出が魅力的でした✨

 

音楽もできるだけ原曲で、とのコンセプトでした🎻

チャイコフスキーの三大バレエの中でも、個人的には最高に美しい曲たちが揃ってるように思います💡

リズムや調を変えて登場する『情景』が素敵で🎶

私は実は、オデールが登場する、第3幕のスピード感ある情景が好きなんです🖤

 

この曲は、以前大好きだったフィギュアスケーター太田由希奈さんが競技会、エキシビションで使用されたもの⛸

“氷上のバレリーナ”と呼ばれた彼女は、まさに指先まで美しい演技で、ジャンプだけではないフィギュアスケートの魅力を見せてくれました💫

実際に彼女は足の怪我で引退されましたが、アイスショーでは、この曲でジャンプを1度も入れずに演技されたことがありますが、ジャンプしてないことを忘れてしまう美しさでした😳

 

他にも、浅田真央さんをはじめ、高橋大輔さんもアレンジされた曲を使われたり…

フィギュアスケートでも人気の曲ですよね!

きっと皆さんの中にも、フィギュアスケートから様々な曲を知った方も多いと思います😊

 

特にバレエ音楽は、踊ることを前提に作られているので、フィギュアスケートとの相性も良いはず!

 

白鳥の湖』以外にも、同じチャイコフスキー作曲の『くるみ割り人形』、

火の鳥』(ストラヴィンスキー)、『ロミオとジュリエット』(プロコフィエフ)なども、スケーターの皆さんがよく使用してるのではないかと思います☺️

 

バレエ音楽には、耳で聴く以外にも、踊りを楽しみ、

さらにはフィギュアスケートのような、芸術性のあるスポーツの中でも楽しめる‼️

今回、バレエの名作に触れ、そんな魅力を再確認しました😉